Darcy

新商品紹介サイトです♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-22 [ Tue ]
とっても興味深い動画をみつけちゃいました。
その名も「校長先生とクジラ」
クジラの捕獲に対して、疑問を投げかけている動画です。

早速見てみると、校長先生の幼い時代
クジラに空腹を癒されていた時代の
思い出が切々と描かれていました。
戦後食べ物がない時代、人間はどれだけ
クジラの肉に助けられたのでしょう?
それなのに、飽食の時代になった今も
南極のクジラ永久保護区で
日本ただ1国が、捕鯨を続けているのです。
戦後の食糧難時代に、重要なタンパク源として
クジラの肉を食べていた時代・・
飽食の時代に突入してもなお、乱獲の対象とされる
鯨たち。。
それほど消費がないのもかかわらず
生態系の乱れを犯してまでも、捕獲されるのは何故でしょう?
乱獲によって、激減した鯨の数は
未だ回復の兆しを見せていないのです。
ここら辺で一度、海の恵みに対し
感謝の心と共に、見つめなおすことが
必要な時代ではないでしょうか?
校長先生は最後に、浜辺で動けなくなったクジラを
たくさんの人間の手で、助けてあげています。
私達も、そろそろクジラに対して
そんな過去の感謝の気持ちを
形に表しても、いいのではないかな・・と
動画を見て、共感しちゃいました。

この動画をUPしているサイトは
環境保護団体グリーンピース。
全世界の地球環境保護に力を入れている団体です。
この「校長先生とクジラ」をみて
一人ひとりの力は微力だけど
集まると、あの大きなクジラさえ
動かせるほどの力になる・・
そんな思いで、乱獲捕鯨
問題視していきたいと思います。

下に動画を貼っておくので
興味がある方は、是非是非見てみてね!
そしてサイトにも飛んでみて☆






「※BloMotion・キャンペーン参加記事」


88-31-2.gif

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pinkey1964.blog75.fc2.com/tb.php/279-a777e520

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

アクセスカウンター

たまちゃんカップ時計

プロフィール

pinkey1964

Author:pinkey1964
FC2ブログへようこそ!

アジアンならココ!

&

ハプニング


キャッシング番長

キャッシングやカードローンのキャッシング番長

「STD(性病)検定」

エイジング





フルーツメール

レビューブログ

ブログセンター

アドブログ

ブログ広告のアドブログ

ランキングぅ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。